FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

植物ホルモン

2017/09/29
全般/植物ホルモン 0
9/29 facebookのお友達から、いただきました。
植物ホルモンは、高校で学んでいたのですね。
●成長促進は、細胞分裂を活発にして必要な部位の細胞を増やし、必要な部位の活動を促進
 主に栄養成長です。(葉・茎)
●実をつけるためには、成熟・老化促進が必要
教科書

背丈を伸ばし、葉を繁らせるだけでは、実はならないということですね。
大人になるために、成長を止め、老化にスイッチを変えることで、実がなるようになる。
植物の栄養が豊富な環境では、葉・茎の栄養成長が長く続き、実がつかないことになります。

栄養を制限することで、植物は、老化に入り生殖活動に力を入れるようになります。
塩トマトなど、ストレスをかける栽培では、小さい状態で成熟させることで、老化を早め、植物に危機感を与え、実に栄養を送り込むことになります。
ここで、栄養を制限せず、老化ホルモンを与えスイッチを切り替えたらどうなるか?
成長が抑制されるが、ゼロにはせず、成長ホルモンを補充してやることで、生殖活動が主と成長が従ですが同時に存在することで、果実の生産が増えるということです。

●このようにバランスを取れたら、多収穫で、高品質の作物が長期間取れるということです。
植物ホルモンは、人工ホルモンができていますが、すべての植物に適合するものはなく、学者に言わせたら適合率10%に満たないそうです

●日本の基礎科学分野で世界が認める発明王の酒井弥博士(故人)が残してくれた OAS花咲かホルモン(天然植物ホルモン)は、素晴らしい効果があります。10年以上使い続けているトマト農家は、植物生理学の指導者のもと、普通のビニールハウスで植物工場と同じレベルの生産高を(ミニトマト20トン、大玉40トン)生産しています。しかも、糖度が高く、高品質です。生産を引っ張らら50トンはできるといっていますが、次年度の定植をするために植え替える必要があるので、特にチャレンジはしていないということです。

●一方、植物生理を理解しないで使用すると、上記の老化促進のスイッチが入り、あっという間に浦島太郎になってしまうこともあります。
植物には、「花咲か爺さん」の花を咲かせる要素と「浦島太郎」の老化する要素が必要です

●いま、その農家に研修生を送り込んで、毎日報告を受けています。植物の小さい変化も見逃してはいけなということで、まるで実験室ですと言っていました。

へ
農林水産ランキング

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
全般/植物ホルモン