FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

樽システム

2017/08/29
植物工場 0
8/29 樽システムの導入風景
9月トマト苗定植に向けて、準備しています。
IMG_2488.jpg
知り合いの生産者さんが、今週樽システムの導入作業を行っています。
今年は、10a=1反の導入
今後、逐次土耕から転換する予定です。
生産者にとっては、栽培方法を変更することは、相当の覚悟が必要です。
樽システムは、土耕に比べ
連作障害などの土壌障害がない・・・培地を毎年交換
②  〃          ・・・トラクターを購入する必要がない
③時期栽培までの、土耕の作業が不要・・・1ヶ月休める
・土耕よりシステム購入の初期投資は必要ですが、数年ランニングすると、結果的に安くなるのがメリットです。

樽システムは、
植物工場でよく採用されている「ロックウール」やそれより低コストの「ココバッグ」の弱点を補えるものです。
また、一部では20㍑の肥料袋で栽培する方法もあります。
「ロックウール」「ココバッグ」は、培地が小さいため、根が密集するため、成長障害が出やすいのと、培地の小ささは寒暖の差をもろに受けるため、定植時期など、障害が出る場合もあります。
「袋栽培」は、排水性が乏しいため、これも根の障害が出やすいようです。

これに対して、樽システムは、
①ヤシガラなどの有機培地が、樽に厚く敷いてあることで、土耕に近い
②樽は、地上から浮かしてあるため、温度の変化に柔軟
③樽の厚みがあるため、低段の収穫がしやすい
などの、利点があります。

もともと、日本で開発されたシステムです。一方ロックウール、ココバッグはそれぞれ、オランダ、フランスで開発されたもので、欧州の寒暖の少ない風土でうまくいっているものです。
日本の気候の特徴は、最近特にその傾向が強くなっていますが、日中の寒暖の差が激しいこと、季節の変わり目の温度差が激しいことが特徴です。この日本の気候に狭い培地栽培は、不具合が生じるケースが出てきています。
日本最大の植物工場も同じです。





Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
植物工場