FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

100年後の農業

2017/04/12
全般/植物ホルモン 0
4/12  100年度の農業は、こうなるだろうと、国内の農学の権威のお言葉

植物性のホルモンしかり、植物性乳酸菌(乳酸桿菌)しかり、動物性の成分は多く存在していますが、植物由来の成分は、原始的な生命力、生存力があります。
 植物性乳酸菌(乳酸桿菌にゅうさんかんきん)は、乳酸菌が腸まで届くというキャッチコピーがありますが、その乳酸菌がこれです。桿菌というのは殻をかぶった菌で、桿は竿(さお)の意味です。植物性乳酸菌は胞子を竿に包み、人間の胃酸でもとけないことで、腸に届くということです。

 その他多くの乳酸菌は動物性のものが多く存在していますが、熱や酸に弱いのが特徴です。
いろいろな学説がありますが、太古の地球は、強酸性もしくは地中から噴き出すアルカリ性熱泉などの劣悪環境で,その中で生物は生まれてきたとされていますので、原始的な細胞は、生命力があるとされています。
その時の植物は、巨大植物だったとされています。その堆積物がカナダで発見され、ミネラルを取り出したものが、以前触れたヒューミックシェールです。(最下図)

太古の地球の強酸性、強アルカリ性ほどではないですが、天然ホルモンを活用すれば、いろいろな劣悪環境にも植物自身が生存するための細胞を増やし、生き残るのです。
き残れば、子孫を残す生殖活動を活発に行います。これが果実となります
従って、先の「塩トマト」「温泉水」「化学肥料過多の土壌」「病原菌がいっぱいいる土壌」「日照不足」「病害虫」などの対策は、植物がその耐性を強化することで、クリアできるようになります。(実証済み)
成長ホルモンは、人間では思春期が最高に出てあとは徐々に下がりでなくなります。植物も同じです。 
ただ、困ったことに、この技術は、学術的にあてはまるカテゴリーがないのです。
 農学(農業生産学)なら、土壌、肥料の研究か栽培方法、(農業)生物学では交配による品種改良、もしくは遺伝子組み換えなどのカテゴリーです。植物から、農業生産性を上げる農業学のカテゴリーは存在していません。先の症状をカルス増殖から適応細胞を生み出し増やすことで、すべて直したら、農学者や農業界は困ってしまいます。
  でも、あるのです。本物の技術が、共同検証された農業試験場の有名な先生は、
「認めたくが、この技術は植物に目を向け、生産性を上げる本物の農業技術だ。100年後には認められるだろう!」
 学者先生の学問ではない、本意から出たお言葉に感銘し、大井先生はこの先生と長年お付き合いをされています。

・・・植物自体が、安定的な化学物質をつくる工場なのです。この工場を効率的に稼働させるには、植物の活性を上げ、植物のエンジン排気量を上げ続けることで可能です。このことはすでに多くの事例があり実証できています。(新聞掲載など)このような本物の技術があることを知っておいてください。
光合成の活性化
日照不足の環境で、カルスが増殖されると、光合成を行う細胞を多く作りだします。
より多くの面積で光合成を行うことで、日照不足を解消できます。
光合成促進・・・カルスの増殖→クロロフィル細胞(葉緑素)増加  気孔開放
気孔an2i
植物は、上図のように気孔を開放して、CO2を取り込みまます。
youryoku.gif
そして、クロロフィル(葉緑体)で、Co2と水と光のを化学反応を起こして、炭素化合物作ります。
大井先生の天然ホルモンは、植物のカルス(原始的な未分化細胞)を、増殖し初期は光合成促進、後期は果実の細胞を増やす働きが認められています。組織が肥大化するのではなく、細胞が増えることで実が詰まるのです。こらがおいしさの違いです。
従って、果実の肥大化に伴う空洞化や奇形化ないのです。
ヒューミック
ヒューミックシェールの堆積した地層
IMG_1508.jpg
そこから取り出したミネラル成分の製品
へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
全般/植物ホルモン