FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

水素水の植物工場

2017/02/03
植物工場 0
2/3 気になった記事 2/2日経新聞 四国版より
高知県南国市の農業生産法人、南国スタイルが、環境制御技術を使った次世代ハウスでピーマン、パブリカを生産に。
栽培には、電解水素水を活用する。
還元野菜」ブランドで販売
7000㎡で高さ5.5mのハウス(通常ハウスの2倍の高さ)
温度変化を緩くする目的があります。
温度、湿度、CO2も制御
投資額3億4400万円
パプリカは、約半分が輸入です。
この施設で生産しても、2割高となるそうですが、品質で食い込めそうです。


名kangen




へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
植物工場