FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

いちご高値

2017/01/05
野菜 0
1/5気になった記事
日経ニュース速報より・・・イチゴ、不作で福岡産3割高
 イチゴが高い。東京・大田市場では2016年12月第4週(16~22日)の福岡産あまおうの卸値(相対取引・中値)が270グラム659円と前年同時期を3割上回る。栃木産とちおとめも280グラム645円と1割高い。主産地の天候不順で生育が悪化した。
 大田市場の仲卸業者は「今冬は全国的に不作」と話す。福岡産は「9月の長雨で苗が水につかる被害があった」(JAふくおか八女)といい、小ぶりなものが目立つ。12月中旬の東京市場の入荷量は前年比3割減。今年も少ない見通しだ。
 栃木産も植え付け時期の9月に日照不足で生育が悪化した。「とちおとめの出荷量が昨冬に比べ2~3割減っている」(JA全農とちぎ)
 都内のスーパーではとちおとめが昨冬より1割高い1パック500~600円で並ぶ。あまおうは1300円前後「ケーキに合う大粒のイチゴが手に入りづらい」(ケーキ店のアーモンド洋菓子店=東京・世田谷)との声も聞かれる

また、いちごは品種間の競争が特に激しいのが特徴です。
とちおとめは、人気にかげりが・・・
「あまおう」が高級ブランドとして定着していますが、夏秋物の開発も進んでいます。
ichigo0104.gif

へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
野菜