FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

すきこみ作業

2016/03/12
お米栽培・知識 0
にほんブログ村 ベンチャーブログへにほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(農林水産業)へ
今日は、すきこみ作業を行います。
4年間、無農薬・無化学肥料の圃場です。
昨年は、農業資材はすべて有機JAS資材を使いました。
残留農薬検査も、すべてゼロ、玄米もゼロです。
・栄養を分解してくれる微生物が活動しやすいようにします。
(1)微生物の栄養に、有機物
 もみがら、腐葉土、蓄糞などを投入
 直接蓄糞を投入する場合は、なるだけ早い時期が望ましい。
(1’)堆肥を熟成させる施設があれば、微生資材を購入し、発酵させればなおよいです。
 ここで大事なのが、光合成菌です。これは購入もできますので、入手します。
 光合成菌を活躍させるには、善玉菌のおぜん立が必要です。
 光合成菌は、有機物を浄化させる役割があり、いい土には絶対的に必要です。
 枯草菌、酵母菌、乳酸菌、放線菌の連携で、腐敗、分解、発酵、微細化した有機物の基質が、光合成菌のえさです。
(2)ミネラルを投入します。
 有機飼料にも入っていますが、海藻由来の資材には、より多くのミネラルが入っています。
 これを、発酵させて、投入します。
 追肥も行います。
(3)深く耕さないこと
 地中の微生物がダメージを負います。 
(4)コストを下げる努力
 有機JASの資材を最低限に、あと地元の無農薬資材を探します。
 最近は、農協のくみあい肥料にも、無農薬・無化学肥料がそろえてあります。
 価格も高くないので、利用する手もあります。
すきこみ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
お米栽培・知識