FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

ばらの栽培農家の募集?

2015/12/13
6次産業化 0
にほんブログ村 ベンチャーブログへにほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(農林水産業)へ
引き続き、花の栽培
世界的にニーズの大きいものは、バラのエッセンスらしいです。
中でも、無農薬のバラの需要が高いようです。
バラの香りは、高貴ないい香りです。
バラを使った香水も多くあります。
香水は、欧州の文化である一方、欧州は化学物質の規制が強い地域でもあります。
・・・2.REACH規則の概要、SVHC(高懸念物質)規制等

イスラム諸国では、女性はベールで全身を覆っているので、おしゃれは香水です。
しかし、イスラムの戒律でアルコールが入っていてはいけません。
天然の植物エキスが好まれます。

バラのエッセンス抽出は、多くの花びらからわずかしかとれません。
したがって、大きな作付面積が必要です。

米の消費減退、減反、農家高齢化による作付放棄地と、日本は少ない国土ながら作付できる農地があります。
ビニールハウスにて、栽培してもらう農家を探しています。
もちろん、指導員が巡回指導します。
販売先は、化粧品会社が一括買い上げます。(納品商材は、バラの花びらのみ)
化粧品会社は、国内生産し、世界の無農薬の植物エキスを求めている国に輸出します。
ルートは確率されているそうです。
施設コストがかかりますが、国・県・市の補助金を利用が可能です。
このあたりも、プロジェクトチームが各県の6次産業プランナーと協力してくれるそうです。
収入は、現在プロジェクトチームで組んだ内容では、高級野菜や果実以上の金額が算出されています。

・年末までに、参加を希望する農業者を探しているそうで、当方のかかわる若手の農家さんは、数名手を挙げてくれています。
 手を挙げて、参加できる内容なら、プロジェクトに参加する形でよいとのことで、敷居は高くないようです。
(年配の農業者にも、声をかけていますが、手が上がるのは若手の方だけの現状です)
・成功すると農地を集約活用し、長期経営が可能となる見込みです。

・農業はTPP懸念、6次産業化推進、輸出奨励と、課題やお題目も多いのですが、チャンスも多いのではと思います。

bara1.png

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
6次産業化