FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

品種

2015/10/23
お米栽培・知識 0
にほんブログ村 ベンチャーブログへにほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(農林水産業)へ
お米の専門家との話
・ひのひかりが関東まで進出していますね。
>>自分ところの生産者も、奈良県でいい米が毎年できています。
 今年、九州の生産者と来年の作付の打ち合わせをするのですが、ニーズのある品種はどれでしょう?
>>海抜どれくらいですか?
>>正確にはわかりませんが、平地で山手、盆地とか複数あります。
>>バイヤーとして、欲しいのは、にこまるです。温暖化も適応しており、栽培地えらびません。もしくは、みどりゆたかです。これも、同じ理由です。にこまるより、少し、早い時期となります。
>>九州の場合、東北の米も作れますが、早場米となり、育苗施設が必要です。
   コシヒカリ系の新種がいろいろあります。
>>ひのひかりは、一般的にはつくりやすいですが、食味は中です。
nouken1.png
みどりゆたかとは、坂嵜潮(さかざき うしお)の子ども二人の名前から由来。地球温暖化による高温障害を受けにくい高食味・突然変異種で、2週間くらいの晩生タイプです。

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
お米栽培・知識