FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

今年のコメ収穫

2015/09/28
お米栽培・知識 0

にほんブログ村 ベンチャーブログへにほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(農林水産業)へ
お米の収穫も最盛期です
農家さんとの話では、今年の反省と来年の計画です。
・今年の収穫はどうですか?
>>雨が多く、生育がよくないね。実も水分が多そうだ?
・そうですか。全国的にそうみたいですよ
>>乾燥の調整である程度は、修正できるが、去年より味は落ちそうだね。
・個人販売では、低タンパク米の人気が強いですね。
>>ミルキークイーンは、すぐ完売するからね。
>>若い主婦の皆さんがよく注文されるね。
・さめても、もちもちで、弁当にもいいし、太りにくいですからね。
>>でも、ミルキーは、茎が細く、倒れやすいので、増やすのは心配だな・・・
・同じミルキー系で、丈夫な茎のミルキースターというのがありますよ?

●ミルキースター
主な特徴は、ミルキープリンセスより背丈が低く、補数が少ないが、籾数が多いため、収穫は変わらず~増える
背丈が低いため、倒れにくい。
1.出穂期は「ミルキープリンセス」より1日遅く、成熟期は2日晩生で、育成地では“早生の晩”熟期に属する。
2.稈長は「ミルキープリンセス」並である。穂数は「ミルキープリンセス」より少なく、草型は“偏穂重型”である。
3.晩植栽培での玄米重は「ミルキープリンセス」「朝の光」よりも12%多収である。
4.多収要因は、千粒重・登熟歩合は同等でm2当たりの穂数が少ないものの、一穂籾数が多いため、m2当たりの籾数が多いことによる。
5.耐倒伏性は「ミルキープリンセス」並の“強”である。
6.いもち病真性抵抗性遺伝子型はPia,Piiと推定される。圃場抵抗性は、葉いもちが“中”、穂いもちが“やや強”である。白葉枯病抵抗性は“やや弱”である。縞葉枯病には“抵抗性”である。
7.玄米の外観品質は「ミルキープリンセス」並の“中の中”である。
8.「ミルキープリンセス」と同じ低アミロース遺伝子Wx-mqを有し、晩植でのアミロース含有率は、「ミルキークイーン」「ミルキープリンセス」と同等の9.2%である。
9.炊飯米の食味は「朝の光」より明らかに優り、「ミルキープリンセス」並かやや劣る。
●現在低アミロース系の水稲米は、4種類が主流です。
低アミロース米

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
お米栽培・知識