FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

安全な野菜

2015/07/21
化学肥料問題 0
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(農林水産業)へ

先週から、宮崎の農家さんを訪問しております。
無農薬農家さんがいわれることは、
・出荷直前に、農薬をふりかけ、品質が落ちないように、慣行栽培(いままでの農協指導による栽培方法)農家はしているよ。
 そうでないと、虫がついたら、近所の出荷者に迷惑がかかるということです。
・売れないと農家も困るから、見栄えのいい状態をたもつため、農薬は必須です。
・私たちは(無農薬農家)は、植物本来の生命力・免疫力を活かしています。
「いい作物は、長持ちして枯れますよね。悪いものは腐るといわれますが・・・・・」
・そうです。私たちのは日持ちがよく、その後けれていきます。腐るということはありません。
・農薬も薬も毒ですので、使いたくありませんよ。
・出荷も、自主流通です。最近は、都会からお声がかかります。
 いい作物のニーズが増えてきていることを感じています。
 拡張のチャンスだとみて、担い手を増やしています。

<一方、節水型植物工場も日経産業新聞 7/21に掲載がありました。>
・メリットは、栽培期間が短いことです。
 普及が進めば、安い価格で安全な野菜が、供給できる可能性があります。
image-0001.jpg

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
化学肥料問題