FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

イチゴ栃木・秋田

2023/07/06
農業技術 0
7/6
日経流通新聞より
イチゴ統計年度2023年度(2022年10月~2023年6月)の生産においては、栃木県が過去最高を更新。
とちおとめ、とちあいか、スカイベリーが好調。とくに「とちあいか」生産が2.6倍に増加
出荷額合計は、266億円となっています。今後は「とちあいか」が主流になりそうです。
otome.jpg
画像①とちおとめ
aika.jpg
②とちあいか
sky_b.jpg
③スカイベリー
秋夏イチゴの生産取組も増えています。
秋夏イチゴ・・・秋田
 夏から秋にかけて収穫する夏秋イチゴの産地づくりを目指し、秋田県内の生産者やNTT東日本グループの7者が協議会を設立した。協議会参加者が使う共通のブランド名は「秋田夏響(あきたなつひびき)」に決まった。県内生産者が連携しブランド化を推進する。
 協議会名は「秋田夏響協議会」。生産者5人とNTT東、同社農業子会社のNTTアグリテクノロジー(東京・新宿)が立ち上げた。今後も新規就農者を含め幅広く参加を募る。

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
農業技術