FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

農業は副業から・・・

2022/12/02
農ビジネス 0
12/1 新規就農者は副業からのスタートが無難です。
新就農者では、JA研修からの方は7割がいろいろな理由で、その後離脱すると言われています。私は若手の新規就農者を指導した経験は比較的少なく、多くがが「退職者」「自営業」「法人」の農業創業が主なクライアントさんです。自分は、クライアント様の要望に応えるため農業を行いながら、業務システムの会社→農業システム→農業創業のコンサル主体の会社を営んでいおります。10数年前からの農業創業をお手伝いした会社および個人事業者さんも、かなりの数になりました。これまでのクライアント様の成功例・失敗例に分類してみます。今回は成功例です。
クライアントの方々は、何かしら業務の経験がある方がほとんどですので、農業が軌道に乗るまでいままでの業務を継続するようにアドバイスしています。

成功例
①覚悟がある事業者(神奈川県退職者)
 大手会社を障害のあるお子さんのため退職され、就農された方。研修から、販売先開拓まで、自己で行われ、軌道に乗りました。野菜・キノコ栽培
IMG_2271.jpg
②農業に関連のある会社さんが、新たな事業として農業を選択(千葉県)
 造園業の方が、ビニールハウスを作り、果樹栽培を行う。閑散期を利用して生育・販売
③化粧品の小売り業者の方が創業(化粧品小売り会社 福岡県)
 キノコ・ハーブなどを栽培し、パウダーやエキス商品として6次産業化で成功
IMG_3022.jpeg
④アウトドアパークを創業(地域コミュニティ団体 福岡県)
 都市圏に近い中山間地で、宿泊可能なアウトドアパークを始める。敷地内で、ハーブ、野菜、原木キノコ、菌床キノコ栽培を行い、収穫体験ができる農園を経営。お子さん連れのリピーターが増えた。
onga3.jpg
⑤都市型農業(配送会社 大阪府)
 大都市圏まで1時間以内の地域で、ビニールハウス施設で複数野菜の栽培。ここを起点に農業を拡張する。料理店や卸業者に直接販売。
im.gif
⑥太陽光発電会社の社員が独立し、農業法人設立(退職者 福岡県)
 太陽光発電会社の社員が、太陽光シェアリングでの農業に挑戦。発電利益を基盤に、流通まで手掛ける。
IMG_1794.jpg
⑦資材会社と提携し農業法人設立(福岡県)
 農業設備資材会社のモデル事業として、設備機器を格安で導入し、その機器の実証モデルとなる。これを基盤に拡張。販売に力を入れる。
wa.gif
⑧生産出荷組合をつくり販売力強化(宮崎県)
 野菜の生産を行う農業法人を設立し、地域の野菜の集荷も手掛け、流通網を築き、売り上げを増加させる。
ni.jpg
⑨流通販売会社が生産に乗り出す(北海道)
 キノコ、特殊キノコの栽培に乗り出し、自社で販売。拡張される。
Image-1 (1)
⑩買取業者と提携し生産品を転換
 指定農産物を買い取る業者と提携し、該当野菜を納品。順調に拡張
bb.gif
⑪最新機械の導入で、イチゴ栽培(福岡県)
 新しい加温システムの機械を導入し、イチゴあまおうを栽培。初年度から地域トップレベルの収穫を上げる。機械会社が栽培を全面指導。JA出荷だが、地域JAがブランド品として販売
IMG_2675.jpeg
⑫高齢化で耕作しなくなった農地を集約し、大型農業を行う。


成功者の特長
兼業から農業
個人での成功の方は、軌道に乗るまで、自営業や他の仕事を行い、農業との兼業を行っておられました。農業は小さくスタートし、2年目から融資+補助金を申請し拡張されて少しづつ増益。

販売に力を入れる

生産品から良い品質のものを選別し、有名デパートや空港などに納品し、ブランド化を図り、少しずつ拡張されてました。
集荷を手掛ける
自社だけでの生産でなく、地域を巻き込んだ流通を構築し、大きな流通を形成された。
6次産業を主な事業とする。
農業だけでなく、加工品を作り販売に力を入れる。
⑤大型農業
米、麦、大豆など補助金がある作物を広い面積で栽培する。
⑥農産物のブランド化を企画する。
などの要素がありました。スモールスタートあり、大型農業ありですが、すべての事業者は販売に力を入れておられました。

IMG_2488.jpg
画像①造園業の方が、施設栽培 ヤシガラ培地での野菜栽培
IMG_0216.jpg
画像②施設ニラ栽培 共同出荷事業へ
IMG_1794.jpg
③施設キクラゲ栽培 ブランド品 輸出も手掛ける
IMG_0900.jpeg
画像④椎茸菌床製造の様子 栽培から菌床販売まで行う。
へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
農ビジネス