FC2ブログ
8/5
オランダで、脱酸素制作に加え窒素排出規制で、農家、畜産家が混乱になっており、各地でデモが広がっています。
以下JA.comより抜粋

現地メディアの報道などによると、オランダ政府は環境汚染対策として『2030年までに家畜が排出する窒素を2019年比で半減させる』という目標を打ち出しており、さらに先月になって、一部の農家は窒素排出量を70%減らさなければならないと発表した。これを受けて、農家や農業団体は、窒素排出量の強制によって家畜の数を大幅に削減されるなど畜産業が大きな打撃を受ける恐れがあることから強く反発し、デモが広がっているという。当初は平和的なデモだったが、今月に入って高速道路や流通センターをトラクターで封鎖、一部のデモ参加者が担当大臣の自宅へ侵入するなどデモが激化しており、SNSではデモの様子を撮影した画像などが投稿されている。一部の農業団体は空港の封鎖を含む大規模な抗議活動をSNSで呼びかけるなどしており、オランダ国内のスーパーマーケットなどで棚が空になるなど影響が広がっている

オランダでは、EU基準の4倍のNOx濃度が観測されており、飼料や肥料からのNOx発生が大きな原因とみられている。強まる規制に対し、オランダの農家団体や建設業界からは反発も出ている。

オランダは、農産物輸出世界2位の農業大国(1位は米国)です。自国の産業をつぶすような政策です。日本も、二酸化炭素排出規制に加え、電力問題、これにオランダのような窒素規制を打ち出しそうな構えです。

電力では、安定電力とはなりえない太陽光発電で、山林や農地をつぶしていますが、夜間や雨天では、別の発電を余儀なくされています。しかも、大部分は税金で買取っています。


EU基準上回る大気汚染対策)

nitrogen.jpg

(時速制限100Km未満走行  

aflo_192375188-680x453.jpeg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)