FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

うなぎのメス

2021/08/21
全般/植物ホルモン 0
8/21
農業ではないですが、アスリート農法には、畜産界、養殖業などからも、いろいろな実証実験の申し出があり、いろいろな応用データがあります。
うなぎも、どこかの大学か業者さんが、自己責任で実験されています。
アスリート農法の天然植物ホルモン処理では、薬物からの抵抗力がつき、歩留まりが上がっています。
あるいは、失敗例としては、アミノレブリン酸を与えすぎると、元気になるが、皮膚の色が落ちる報告もありました。
一部では、ほかの実験よりも、メス化する確立が高くなったとの報告もありました。
ウナギはm
養殖するうなぎのほとんどは、雄(95%といわれる)となります。
雌になるためには、自然界では、生まれたマリアナ海峡に戻る過程で、何割かがメス化すると言われています。また、ゆっくり成長するとメス化するともいわれています。メス化しても、抱卵する確率は非常に低いとされています。
メスの発生には、いろいろなところで、時々成功していますが、成功確率が低く、ビジネスとしては成立していません。
その中でも、少し確立が高いのが、別の生き物のホルモンもしくは合成ホルモンを使った場合がおおいようです。
私共が持つ、植物天然ホルモンでは、自然のホルモンですので極めて適合率が高く、人間を含めあらゆる生物に吸収され、何等かの効果があるとのことです。(某大学の名誉教授より)今、この教授を含めたチームが、食糧危機、土壌障害、漁獲量の減った魚資源の回復に焦点をあて、研究・実証化を計画されています。
天然植物ホルモン液の存在は、一部の世界の有識者は知っていますが、学術的にはまだ、存在しないことになっています。
unagi.jpg
へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
全般/植物ホルモン