FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

農家+バイオ発電で、地域活性化

2015/06/03
営農発電 0
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(農林水産業)へ

農業と発電
バイオガス独
独の農村のバイオガス施設です。
独では、再生エネルギー発電は、行政+民間が約50%、農家が50%です。
ドイツでは、農家が発電から売電を行うことで、
①雇用の確保
②担い手/後継者の確保
③地域の活性化

が、できている成功例が多くあります。
FIT(再生エネルギー買取制度)によって、小型の売電が優遇されていことも起因しています。

・写真はバイオガス発電ですが、多くはバイオガス+木質バイオマス発電の混合型で、木材チップ、間伐材の供給については環境懸念があります。また、木質バイオでは、CO2排出の問題もありありますが、成功例といえると思います。
太陽光
こちらは、世界の太陽光発電統計
ここでも、ドイツがトップです。
発電日本
これは、日本の電力生産構成
・88.4%が鉱物資源=原料輸入に頼っています。
日本電力量
これは、再生可能エネルギー発電量の推移です。
■国では、20年後をめどに、再生可能エネルギーなどからの余剰電力からの水素製造や水素精製技術の開発で、水素社会を目指しています。
■そこで、推進力となるのが、「農業+バイオ発電」→「農家所得の向上」→「地方活性化」→「後継者確保」の複合プランです。
現段階では、東芝やJXなどが水素発電の実用化に入っていますが、導入コストが高すぎます。
農業+風力発電も候補です。ここからの余剰電力で、水素を製造できます。
現時点では買取価格が最高値55円(20Kw未満)です。
バイオ・風力等の発電の普及が、理想的です。


Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
営農発電