FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

イチゴ最高値ガラパゴス化は?

2020/12/28
トマト果菜類 0
12/28
生で食べられるイチゴ
●日本のイチゴは、独自の進化をしています。海外では 生でたべるより、ケーキ、ジャムなどデザーとして加工食品の材料として利用されています。
・昔のイチゴは、イチゴスプーンでつぶして、砂糖や、練乳などをかけて食べていましたが、今は甘くておいしい果実になり、生です。
・春先が旬のイチゴですが、ビニールハウス栽培などで寒い時期に栽培するため積算温度の日数が伸びるため、熟成し甘みが増します。
●イチゴは、毎年全国各地からブランドいちごが出てきます。
①福岡県産「あまおう」1パック=1,500円
②栃木県「とちおとめ」
③静岡県「紅ホッペ」
その他 佐賀県「さがほのか」 新潟県「越後姫」、北海道「けんたろう」鹿児島県「淡雪」愛知県「アイベリー」などがあります。
イチゴの生産農家は減少
・「ハウスの設置や維持には費用と技術が必要」と指摘する。設備の維持費など生産コストが高い作物になってしまった。
 栃木県では単位面積あたりの収量は、品種の改良や栽培技術の高まりを背景に、過去50年間で4倍に増えた。ただ、生産コストの上昇と高齢化で離農に歯止めがかからず、全体の収穫量は減少している。
ガラパゴス化が心配
・イチゴは各県の農業試験場が一番力を入れて新種を開発している果実です。しかし、苗を海外に持ち出し、韓国産が安い価格で出回ってきています。
・このように、独自の進化をしてきた日本のイチゴは、海外特にアジアの香港や台湾では人気が高く、輸出も増えています。ここ5年間で2倍の1000トンの輸出となっています。
・しかし、国内の家庭消費額は、ここ20年で3割減の3411円に、消費が追い付いていません。訪日外国人には人気で、輸出も好調ですが、高級食材に位置づけされると、需要が減る傾向があります。マグロ、和牛、などにならないように、、、、
anaou001.jpg
へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
トマト果菜類