FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

人為的生理落果

2020/10/06
果樹 0
10/6
生理落果とは、
「物理的,人為的などの原因でなく,植物本来の性質によって自然に果実落果すること。」いうのが一般的な解釈です。
しかし、果樹栽培においては、花芽を多くつけさせるため、根切りをしたり、木酢液をかけたりすることで、果樹にストレスをかけ、花芽を多くつけさせるやり方があります。
●ただ、この方法を取ると、花芽が一斉に落ちる場合があります。実を着ける栄養さらにそれを制御するホルモンが不足することになり、ホルモンによる実の栄養とそれを送り出す根からの栄養供給がうまくいかず、落果することになります。
これに関係するホルモンが、オーキシンです。
●ストレスをかけた果樹は、樹勢が落ち寿命が縮まります。枯れる前に子孫を残そうと果樹が最後の力で、花芽を付けます。生理落果覚悟で、数パーセントでも結実すればという、果樹の賭けです。

seiri.jpg
seiri2.jpg

へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
果樹