FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

会津人参

2020/10/01
漢方・薬草 0
10/1 会津人参の生産組合に訪問
江戸時代、徳川吉宗が、対馬藩を通じ、手に入れた朝鮮人参の種を、全国で栽培奨励したものが、おたね人参です。
現在は、会津若松、長野、島根でほそぼそ生産されています。
戦後一時期は、生産と輸出が盛んでしたが、現在は衰退、生産農家がほとんどいなくなっているようです。
5年根、6年根以上で、高級なおたね人参になりますが、土の栄養を吸い尽くすので、土地がだめになったり、栽培の失敗もあり、栽培者が減少しています
会津若松市では若手の薬草店の方が 組合を作り 生産者を育てて おタネニンジン生産をつないでいます 
栽培期間も長いことで 途中で リタイアする方が多いようで 苦労されています 
IMG_3003.jpeg

IMG_2999.jpeg
IMG_3001.jpeg
へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
漢方・薬草