FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

ぶどう北進?

2020/02/19
農業技術 0
2/19
ぶどう栽培、温暖化で、品質が低下しています。特に西日本
ぶどうの積算温度は、2500から4000 品種によって差異があります。
適度な暑さと、適度な寒さが良いとされています。
高温が続くと、短い日数で成熟し、色づきが悪くなります。
わが国のブドウ産地では、地球温暖化に伴い着色不良発生が増加し、大きな問題となっています。
北海道では、いくつかの自治体の首長さんが、ぶどう栽培を希望されています。
[積算温度]
毎日の平均気温を合計したもの、これを積算温です。
高温が続くと、実が小さかったり、色や味がのらない状態短期間で成熟するということになります。
press20190617_nifts_img01.png

onndannka.jpg
欧州においては、赤がブドウ栽培が危機に陥る可能性の地域で、青がブドウ栽培の可能性が出てくる地域を示している
201809agr01-0102.jpg
へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
農業技術