FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

ハウス加温

2020/02/07
専門知識 0
2/7
多くのビニールハウス施設栽培では、重油ボイラーによる加温を行い、野菜を育てています。
a59fc162b12c428e75110e374c9497f8-1.jpg
加温で大事なのは、植物の根のある培地部分
このような通風ダクトで、温風を送り込み地面を温めます。
p361.jpg
高設や養液栽培では、培地が地面から浮いていたり、大型ブランターなどに上地面より上にある場合は、高度な加温設備が必要です。
nougyou01.jpg
燃料は、適温の高いピーマンやパプリカがコストが高く
次にメロン、スイカ
その後、ナス、きゅうり
次 トマト、かぼちゃ
低いのが、イチゴです
重油の価格は、このところ高値で推移しており、加温コストをいかに減らすかが農家では、重要なテーマになっています。コストが合わないと、暖房を諦めて、生育を止める場合も多いのが現状です。
次回は、以下に下げるかいろいろな技術を紹介します。
juuyu.png
へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
専門知識