FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

凍結解凍覚醒法バナナ

2019/11/25
野菜 0
11/25

パンや菓子を製造・販売するヤタロー(浜松市)は、無農薬栽培のバナナ「北上縄文実芭蕉」の販売を始めた。岩手県北上市の農家が種苗を長期間、低温冷却して栽培したものを同社運営の飲食店「農家バルつなぐ」(浜松市)で予約販売する。珍しい北国産バナナの販売を農業振興につなげる。
 北上縄文実芭蕉はごろすけACファーム(北上市)が生産したバナナ。種苗を半年かけてセ氏マイナス60度で冷やした後に解凍する「凍結解凍覚醒法」と呼ぶ特殊な栽培方法を採用。種苗が耐寒性を持ち、寒冷地でも速く丈夫に育ちやすくなる。病害虫への耐性も高まるため、無農薬栽培が可能になる。
 価格は1本1000円から。販売期間は2020年2月ごろまでで、収穫状況を見ながら販売数量を増やす

国産のバナナは、全国で数箇所栽培されています。
岡山 株式会社D&Tファームの取締役・技術責任者の田中節三さんが開発した「零下60度」で苗を凍結し、ゆっくり解凍する「凍結解凍覚醒法」で栽培したバナナ、糖度が高いのが特徴です。
1289_20170829174815_59a52a4fbb4a1.jpg
宮崎川南町でも、同じような方法で栽培しています。
川南バナナ
へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
野菜