FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

ニンニク営農光発電

2019/09/21
営農発電 0
9/21
ニッショク株式会社は、ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)タイプとしての初号機を、滋賀県愛知郡愛荘町に完成させた。秋からの栽培予定です。
愛荘町のソーラーシェアリングシステム初号機は、約10000平米におよぶ農地のうち、約5600平米を活用する形で建設。最大出力280Wの太陽電池モジュールが1880枚が設置され、出力は526.40kWとのことです。

1町=10反の大きな施設です。
地域の平均収量の8割以上を維持しないといけません。下の農業が大変そうです。
・遮光率は、50%以上と思われます。可動式では無いようです。
 千葉県匝瑳市の営農光発電では、48%でクリアされていました。
・ニンニクは半陰性から陰性の植物ですのですが、少し光が足らないのではと思います。
・あとは、土壌です。ニンニクは、水はけがよく、水が適度に供給される農地が良いとされます。
 国内の最大産地は、青森県十和田市です。ここは土壌がニンニクに適しています。
・来年春の収穫に興味があります。

nisshoku.jpg
へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
営農発電