FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

宮崎マンゴー

2019/06/07
果樹 0
6/7
マンゴーの価格が安定してきましたので、知り合いにお分けする分、バイヤーさんに大量中しました。
地元のセリで落としてもらっています。
価格は、「教えるな!」と言われています。
この時期のマンゴーが一番よいと言われます。
・理由は、4月の初競りから、価格が下がり、品質も安定してくる。
・7月にはいると、実が落ちてから収穫することで、熟成が進み、痛みやすくなる
ということで、今が贈り物として、最適の時期です。
毎年、知り合いの栽培農家さんに、声をかけてもらっています。
・今年は、北海道や東北の知り合いからも頼まれています。1箱9個入りを送ると、おすそ分けもできることで、とても喜ばれます。
狙うのは、「太陽のたまご」の1つ下の規格の「完熟マンゴー」1個(宮崎産)

太陽のたまごの規格は、糖度15度、0.1でも下回れば、名乗れませんので、味と見栄えの良いものをおとしてもらいます。
mango4.jpg

mango_delivery_2_3.jpg
このような感じです。
mango_howto_cut5.jpg

へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
果樹