FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

こんにゃく栽培            ・

2019/04/05
野菜 0
4/5  
最近話題の健康によいキクラゲがにんきですが、こんにゃくも優れた健康食品です。
栽培は、結構ハードルが高いとされています。
当方も、露地栽培にくわしい九州大学の教授にも聞きましたが、イモ類の中では一番デリケートだとのことでした。
以下、お聞きした栽培概要
[土壌]
水はけがよく、適度な湿度が保たれる農地
これは、結構難しい項目です。
自分の宮崎の田舎では、斜面を利用したお茶畑の間に植えて、育っていました。
斜面なので水はけがいいのでしょう。お茶の根が張っているので、適度な湿度もあるのでしょうか?
[環境]
デリケートなイモなので、芽や茎が折れたら再生しくにいようです。
したがって、風があまりない環境が望まれます。
[植え付け]
上部のくぼみに水がたまれば、腐る場合もあるそうです。
このため、斜め刺しです。
[水]
多くは必要としません。
[収穫]
3年目あたりに収穫します。
konnyaku.jpg
適度な湿度のためワラをしいたりします。水はけをよくするため、畝をつくります。
 konnyaku2.jpg
へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
野菜