FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

松茸豊作

2018/12/18
きのこ薬草 0
12/18  今年のマツタケは豊作
12/17日経MJより抜粋
長野県が発表した2018年のマツタケ生産量(推計値)は51・2トンと、不作だった17年の10倍となった。平年比でも1・6倍の豊作。地温が急に下がることなく適温で推移したため発生期間が長く、後半を中心に品質も良かった。
 主産地の南信は平年比7割増の40・4トン。早い地域では8月下旬から発生し、11月上旬ごろまでとれた。平均単価は南信州地域で1キロ4万円、上伊那が2万4千円。上田市など東信でも平年比67%増の7・7トンと大幅な伸び。上田の平均単価は3万6千円。
 長野県のマツタケ生産量は16年まで10年以上にわたって全国一だったが、不作だった17年は岩手県に首位を明け渡した。キノコ狩りでの遭難事故も多く、8~10月の遭難者は21人。死亡者は前年比5倍の15人だった。
e17da622bbf88ee19fc6c32fd6d7ea74.jpg
マツタケ関連では今年10月、人工マツタケ栽培(近似種のバカマツタケ)に成功との報道がありました。バカマツタケ、マツタケの単なる「偽物」ではなく味や香りは本物と同等かそれ以上とされます。
2018年10月、多木化学はバカマツタケの完全人工栽培に成功したと発表した。2018年10月、多木化学はバカマツタケの完全人工栽培に成功したと発表した。多木化学は3年後の実用化を目指すとしているようです。
[菌根菌]
マツタケやトリュフは、菌根菌といって、生きた植物から栄養をもらい成長するキノコで、人工栽培がむずかしいキノコの種類です。バカマツタケも同じですが、人工栽培の成功では、栄養成分を突き止めたと思えます。
2018101700024_1.jpg
へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
きのこ薬草