FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

営農発電

2018/12/07
営農発電 0
12/7 太陽光シェアリングの例です。
FIT価格は、どの価格帯か不明ですが、農業と発電のダブルインカムで、安定収入ができることで、農業の雇用促進につながっています。ここでは、社員とパートで100名を雇用することができるようになっています。
今から、営農発電を計画するには、FIT価格来年は18円でしょうから、発電の収入がこのモデルより下がります。その分、農業を収入を確保することが必要となります。
問題は、発電の建設費ですが、これは現在銀行が、太陽光発電に対して非常に慎重になっていることで、しっかりした計画がないと難しいようです。
しかし、「農業収入」+「発電収入」のモデルは、非常に強力です。
さらに、太陽光施設があることで、収穫量および品質が上がる農産物もあります。また、作物のほとんどは、太陽光のごく一部しか利用していないので、トウモロコシやサトウキビなど光飽和点の高いごく一部のもの以外、栽培できます。あとは、機械、施設との使い勝手です。

出典:農林水産省の資料
1afcd3205a8d6857a90691f54cc52d3b.png
へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
営農発電