FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

松茸近似種人工栽培

2018/10/15
きのこ薬草 0
10/15  バカマツタケの人工栽培ができたた?で株価急騰の会社
肥料の製造・販売などを手がける多木化学の株価が急騰している。10日は終日買い気配で推移し、取引終了後に制限値幅の上限(ストップ高水準)となる前日比1500円(21%)高の8650円を付けた。4日にマツタケの近縁種のキノコバカマツタケ」の完全人工栽培に成功したと発表したことが買いの手がかりになった。将来的な収益貢献を期待した個人投資家の買いが活発になっている。
 バカマツタケはマツタケよりも約1カ月早い8~9月下旬に発生するキノコ。マツタケに非常に近い遺伝子を持っており、香りや味、食感も似ているという。大きさはマツタケより少し小ぶりだ。
 マツタケは特に日本人の人気が高い食材だが、この種類のキノコは生きた植物から栄養をもらいながら成長する特徴があるため、人工栽培が難しいとされてきた。
 同社は約6年かけて、室内に整えた培養環境でバカマツタケを育てる技術を独自に開発した。この技術により、自然環境に頼らず通年でバカマツタケを栽培できるようになるという。同技術は特許も申請済みで「3年後をメドに事業化を目指す」(同社総務人事部)としている。

松茸は、トリュフ、ボルチーニなどとともに人工栽培が難しいとされているキノコです。
理由は、これらは根粒菌という種類で、生きた植物に寄生して成長する特徴があるからです。
・キノコは、菌糸体というカビや微生物と同じ細い菌状の姿の時期と、子実体といわれるキノコの形状の姿と2つの形状があります。
・キノコ類は菌糸体が、充分に寄生する植物に回ると、その後何かの刺激で子実体が育つ性質を持ちます。松茸は、雷が良くなった翌年によく出るといわれるように、刺激によって、生殖活動を開始します。椎茸など枯れ木から栄養をもらうキノコと違い、根粒菌は、生きた植物で成長するため、菌床での栽培は、
今回の人工栽培では、菌糸体から子実体を発生させる何かを発見したのだと思われます。
この発明が、さらに発展すると、ひょっとして本物の松茸やトリュフの人工栽培できるかもしれません。
bakamatu.jpg
バカマツタケ
へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
きのこ薬草