FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

トマト相場

2018/09/30
トマト果菜類 0
9/30
九州ではハウストマトの定植は8月末から9月です。
10月に入れば、収穫が始まります。
トマトの価格は、9月頃から露地物が少なくなり、ハウストマトの出荷前も重なり、徐々に上がってきます。冬場は暖房費がかさむので、高値を維持します。
下図上は、大玉とまと、下はミニトマトです。
現在卸値は、大玉トマト471円 ミニトマト937円で、ミニがほぼ倍の価格です。
年平均でも同じ程度です。
・収穫量はというと、オランダ型の植物工場では収穫量50~70トン/10a年実現できていますが、加工用トマトのデータです。
・一方、日本は生食用トマトが主流。こちらになると
「大玉トマト」で10トン/10a年
「ミニトマト」で20トン/10a年
が、平均的な終了です。
・農家の収入は、どちらでもほぼ同じということになりますが、ミニは収穫の手間がかかります。大玉はミニよりA品率が下がりやすいのが特徴です

tmt2.png 
2018年9月のトマト卸値
mtmt1.png 
2018年9月のミニトマト卸値


へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
トマト果菜類