FC2ブログ
あぶない農業と儲かる農業

漢方 薬用植物技術開発

2018/05/01
漢方・薬草 0
5/1 漢方や薬用植物の栽培技術開発
薬用植物は、中山間地や耕作放棄地で栽培するのに向いています。農薬のしばらく使われていない土地で、栽培します。収穫まで、2年以上かかるものが多いこことや、品質を安定しないと生薬として使えないことで、栽培指導が必要となっています。
知り合いの農家では、大手製薬会社と薬草の契約栽培を結び生産しましたが、規格以下といわれ、まったく販売できないこととなり、泣いているとこともあります。
指導者も少ないことから、以下のようなシステムで栽培技術の確立ができると、生産が安定すると思われます。


富士通は、千葉大学と共同で、漢方薬や健康食品などの原料となる薬用植物・機能性植物を効率的かつ安定的に供給できる栽培技術の確立を目指し、生育に重要となる要素を分析する実証研究を2018年4月18日から2019年3月31日まで実施する。

日本では現在、漢方薬や健康食品の原料である薬用植物・機能性植物は、海外からの輸入に頼っていますが、耕作放棄地や休耕田の活用に向けて、薬用植物・機能性植物の栽培ニーズが高まる中、効率的かつ安定的に供給できる栽培技術が確立されていないことが大きな課題となっています。
本実証研究では、千葉大学様および協力農家様が、薬用植物・機能性植物の栽培時に、スマートフォンで音声入力した生育状況の計測結果をAIで該当するデータ項目に自動分類すると共に、フィールドセンサーで収集した地温や気象データなどの環境データとの関連性を可視化します。

そのデータをもとに千葉大学が、生育に重要となる要素を分析した上で協力農家様に適切な栽培アドバイスを行い、当社が構築する栽培データ記録システムに、協力農家の栽培結果を千葉大学の知見と合わせて蓄積します。


■背景
人生100年時代と言われる長寿社会を迎え、健康志向の高まりによる漢方薬や健康食品への需要増大を背景に、その安全・安心かつ安定的な供給が望まれています。また、地域経済を支える重要な産業である農業では、新たな栽培品目の生産が求められています。

しかし、これまで漢方薬や健康食品などの原料となる薬用植物・機能性植物は、野生品の採取に依存したり、伝統的な方法で栽培されたりしてきたため、新たに農家などが栽培するためには多くの課題があり、種苗の確保や栽培技術の確立などに取り組む必要がありました。
yaku1.gif

へ

Comments 0

There are no comments yet.
スマートネット山本
Admin: スマートネット山本
私は、IT・WEBデザインの会社を営んでいます。一般企業や個人の農業創業・開業のお手伝いを行う機会がふえたことで、農業創業コンサルが主たる業務になりました。全国で活動実績があり、野菜・果実・キノコ栽培のスタートアップ一式業務、行政申請、補助金申請、資金調達支援を行っています。個人では無農薬米の栽培とキノコ栽培を行っています。また天然植物ホルモン液を活用した農業技術指導者を擁しており、2021年より国連ECOSOC/NGO団体と提携し世界の農業振興・教育に携わっております。儲かる農業をテーマに、短期で黒字化になる農業をご案内しております。
漢方・薬草