FC2ブログ

果樹の2期作は可能か?

3/20果樹の2期に挑戦日本が原産地の果樹といえば、柿、温州ミカンがあります。リンゴやナシなどその他国内で栽培されている果実は、ほとんど海外から入ってきたものです。最近は、温暖化の影響で、バナナ、パパイヤなどの草木(そうぼく)も栽培されるようになりました。多くの果樹の原産地は、熱帯地方です。寒冷地で栽培される果実のリンゴは中央アジアのコーカサス地方が原産地といわれていますが、現在のコーカサス地方はアゼ... 続きを読む
 果樹  0  -

マンゴー害虫

3/3 2月28日に、沖縄県病害虫防除技術センターは、マンゴーの害虫「ランクロホシカイガラムシ」が発生したことを発表した。沖縄県は、九州大学総合研究博物館・愛媛大学農学部田中宏卓博士に同定を依頼し、判明した。過去には、与論島で発生したり、ラン科の植物で確認されたことがある。マメ科にも寄生することがある。寄生すると樹勢が低下し、落葉がすすむ。近年の温暖化の影響で、の農産物への亜熱帯の害虫や、病気が北上して... 続きを読む
 果樹  0  -

日本茶コロナ不活化と輸出

4/23お茶がコロナを迅速・効果的に不活化京都府立医大の教授が指摘 2021年4月16日お茶に含まれるカテキンが新型コロナウイルスを迅速かつ効果的に不活化する作用があると、京都府立医科大学の松田修教授が15日発表した。冒頭の発表は、京都府宇治市で開かれた「緑茶と健康シンポジウム」のパネルディスカッションによるもの。松田教授は、論文査読中であるが「茶葉に含まれているカテキンが新型コロナを抑制するということがわか... 続きを読む
 果樹  0  -

フィンガーライム

2/6柑橘類で、オーストラリア沿岸部原産のフィンガーライムがあります。単位結果性で、四季成りの果実が採れる常緑樹です。オーストラリア沿岸部では、最低気温10℃です、耐寒性は弱く、0℃以下では、上部が枯れます。根が生きていたら、春からまた成長します。●料理の添え物に、デザートにいろいろ利用できます。知り合いの生産者の昨秋の収穫物実の色も、薄いグリーン、黄色、ピンク、紫、青色と色とりどりです。5cm~8cmのかわい... 続きを読む
 果樹  0  -

貴重な無農薬茶栽培

2/2 お茶栽培では、多くの農薬を使います。お茶は虫が多く着くのです。このため、お茶の最高級ブランドは、チャノミドリヒメヨコバイというウンカに葉を食べさせた茶葉といわれます。台湾で生産されています。この黄緑色の小さな虫が茶葉をかじると、小さく黄色い斑点ができ、その後、葉は波打つように変形し、黄色っぽく変色します。国内では、お茶の価格は10年前の1/10になっております。清涼飲料のお茶の需要は増えていますが... 続きを読む
 果樹  0  -

沖縄コーヒー栽培

12/15 沖縄で企業と高校によるコーヒー栽培が、来年1月からスタート私共の方にも、コーヒーの栽培の相談がきておりますが、沖縄でのコーヒー栽培は興味があります。コーヒーは、上質なものは標高の高い土地がよいとされ、また植え付け時期の雨、収穫時期の乾燥など、必要とされ、沖縄は、水はけが良い土地なので、栽培条件としてはいいのではと思います。沖縄SV(株)とネスレ日本は、「沖縄コーヒープロジェクト」の一環として... 続きを読む
 果樹  0  -

人為的生理落果

10/6生理落果とは、「物理的,人為的などの原因でなく,植物本来の性質によって自然に果実が落果すること。」いうのが一般的な解釈です。しかし、果樹栽培においては、花芽を多くつけさせるため、根切りをしたり、木酢液をかけたりすることで、果樹にストレスをかけ、花芽を多くつけさせるやり方があります。●ただ、この方法を取ると、花芽が一斉に落ちる場合があります。実を着ける栄養さらにそれを制御するホルモンが不足するこ... 続きを読む
 果樹  0  -

隔年結果の回避

10/4 果樹栽培で、避けて通れないのが、「隔年結果」です。隔年結果とは、ウキペディアでは、「隔年結果がみられる植物にはカキ、リンゴ、ウンシュウミカンなどがある[2]。その原因はよくわかっていないが、樹体内のジベレリンなどの植物ホルモンの影響、同化養分の競合などの生理的要因によると考えられている。」とされています。」オリーブ、レモン、柿、ゆず、プラム、栗、など多くの果実に見られます。[原因は、]●植物内の... 続きを読む
 果樹  0  -

黒ニンニク製造機

6/11当方もニンニクを栽培しておりますが、販売では付加価値をつけて、売りたいところ。黒ニンニクにすることで、よく売れますが、手間と製造日数がかかるのが難点です。6/1の日経新聞・長野版では、国内初の黒ニンニクの製造機が「黒ニンニクメーカー」として販売されているが、紹介されています。・通常の作り方では、炊飯器などを利用して、3から4週間かかってつくりますが、この機械では手間をかけず12日で完成します[以下... 続きを読む
 果樹  2  -

宮崎マンゴー

6/7マンゴーの価格が安定してきましたので、知り合いにお分けする分、バイヤーさんに大量中しました。地元のセリで落としてもらっています。価格は、「教えるな!」と言われています。この時期のマンゴーが一番よいと言われます。・理由は、4月の初競りから、価格が下がり、品質も安定してくる。・7月にはいると、実が落ちてから収穫することで、熟成が進み、痛みやすくなるということで、今が贈り物として、最適の時期です。毎年... 続きを読む
 果樹  0  -

宮崎マンゴー

5/20今年初値50万円の高値をつけた宮崎のマンゴー高級ブランド太陽のたまご出荷が増えて ねだんが安定して来ましたブランドの企画は厳格で 糖度15度以上 と見た目のよさ少しでも落ちると ブランド名はうたえませんハウス栽培で4月中旬 から7月いっぱいあたりまで出荷されます完熟で収穫するため 採れたてが一番の旬 で 貰ったらすぐ 食べます知っている人が狙うのは 今からの 太陽のたまごの ギリ落ちたもの 完熟マンゴーのブラン... 続きを読む
 果樹  0  -

花粉症に柑橘類ジャパラ

2/21 和歌山県東牟婁郡北山村の村外不出の柑橘類「じゃぱら」が、花粉症緩和に役立つと注目されています。自分も、この時期くしゃみと、目の中で花粉が破裂する痛みで苦しいでいますので、モニター募集してみようとおもいます。じゃばらとは、村に古くから自生していた自然雑種で、村外不出にされたカンキツ果実。名前は「邪気を払う」ほど酸っぱいことからつけられた。果汁が豊富で種もなく、風味が独特で地元では縁起物としてお... 続きを読む
 果樹  0  -

はなももが売れる

2/2 日経新聞 北関東版より桃の節句を彩るハナモモなどの切り枝を生産・販売する常陸農業協同組合(JA常陸)の大宮地区枝物部会の年間売上高が18年に初めて1億円を超えた。耕作放棄地を活用。全国で農業の担い手不足が深刻になるなか、若年層を取り込み部会員数も増えている。県外や海外から視察や研修で訪れる農業関係者もあり、農地の有効活用や担い手確保のモデルケースとなりつつある。 枝物部会は2005年に発足した... 続きを読む
 果樹  0  -

ブルーベリー品種

1/27 ブルーベリーは、いろいろな品種があります。多く出回っているものを大別すると①ノーザンハイブッシュ系②サザンハイブッシュ系③ラビットアイ系その他(ハーフハイシュ・・・ハイブッシュ系)(ローブッシュブルーベリー・・・野生種)となり、それぞれの特徴は、①は冷涼地が適地、収穫量 小~中 収穫時期6~7月 甘い、果実が大きい②は、暖地、収穫量少ない 収穫時期6月7月 甘酸っぱい、果実は、果実中③は、暖地 収穫... 続きを読む
 果樹  0  -

アーモンド糖尿病

11/27 アーモンドが糖尿病抑制に効果!との報告が、カリフォルニア・アーモンド協会から発表されました。食事にアーモンドを加えることで、糖尿病のリスクが低減されるとのことです。生産とマーケティングに関する調査・研究で、アーモンド生産者を支援するカリフォルニア・アーモンド協会では、2型糖尿病を持つ人が健康的な食事にアーモンドを加えると、心血管の健康に好影響をもたらす可能性があることを発表した。現在、世界中... 続きを読む
 果樹  0  -

台風と栗

10/5 今週、台風による各県の被害状況を視察に数件を訪問台風24号の被害の大きかった南九州から九州北上、中国地方まで回りました。宮崎市の少し内陸部のではビニールハウスや、栽培中のキュウリが茎ごとに飛んでいました。被害が大きいようで、復旧に大忙しでした。・台風で栗もかなり落ちていました。栗や柿の栽培も、高齢化で栽培者が減っています。栗は、栗剪定士という資格があります。制度化された後継者育成プロジェクト... 続きを読む
 果樹  0  -

ドラゴンフルーツ

9/22ハウス栽培のドラゴンフルーツ長崎県産です。ドラゴンフルーツは、サボテンの仲間です。・味は、キウイフルーツに似ています。・ドラゴンフルーツは実に栄養豊富でビタミンB1・B2、葉酸、ナイアシン、ビタミンC、カロチン等のビタミン類の他に、カリウム、マグネシウム、鉄等のミネラル類が豊富に含まれています。その他食物繊維や、老化防止に役立つポリフェノール、アントシアニン等の抗酸化物質も含有し、さらに解毒作用を... 続きを読む
 果樹  0  -

ドラゴンフルーツ

8/16 ドラゴンフルーツの花が咲きました。知人のハウスです。我が家では、月下美人を育てていますが、どちらもサボテン科の植物自然では、蝙蝠が花粉を媒介することで、夜に満開になります。  こちらは、月下美人... 続きを読む
 果樹  0  -

ブルーベリー

5/5 知り合いの若手の農家さんのブルベリーの画像が送られてきました。花が咲きました。こんな感じです。真夏に収穫時期を迎えます。このため、収穫作業が炎天下で大変です。ここに、太陽光シェアリングでパネルを乗せる計画です。①収穫の日差し除け、②売電利益と一石二鳥となります。このほか、相性のよいのは、お茶・・・①霧と同じ日差し除けの効果、②冬季は加湿効果があり、お茶の品質と収量がアップしています。防霜ファンも... 続きを読む
 果樹  0  -

日向夏

3/13 宮崎出張中です仕事先で日向夏をいただきました      食べ方知ってる。?普通にむいて食べればいいんですよね     では教えて上げましょう    りんごをむくようにむいて下さい   そしてこのように 切ってたべます。実の部分の酸味と白い部分の甘さがマッチしておいしいんですよ  夏みかんにように ふさごとむいて食べると 酸っぱさが優ってしまいます有機栽培で有名... 続きを読む
 果樹  0  -

ブルベリー農家

11/11宮崎のブルベリー農家36歳、12年前から栽培開始、親御さんが栽培していたのをきっかけだったとのこと。合計1H程度の農地で、拡張計画の最中です。・一番の問題は、観光農園として経営していることで、夏場のお客さんの遮光とのこと。 また、通常の収穫も暑すぎて、重労働とのこと。 本格的に、太陽光シェアリングを導入したいとのこと。... 続きを読む
 果樹  0  -

柿の王様

10/27 種なしの甘い柿 「秋王」 知り合いの社長が、栽培している福岡県限定生産の柿「秋王」一般販売されていません。建築デザイン会社を経営しながら、果樹栽培と6次産業化をされています。ドライ加工の工場も建築されました。毎年、ドライにした、フルーツを送ってもらっています。(秋王、イチジクなど) 「秋王」は、平成13年に福岡県が育成を開始し、平成24年に品種登録された柿の新品種(品種名:福岡K1号)です。... 続きを読む
 果樹  0  -

福岡県は果実栽培さかん

3/22 少し前の記事でしたが(日経新聞3/15 九州地方経済版)で、福岡県が果樹栽培&販売に力を入れている掲載がありました。私の知り合いも、会社経営しながら果樹栽培を拡張している方がいます。筑後平野(久留米市から大牟田にかけての平野)で、イチゴのあまおう、柿の秋王、イチジクなどブランド農産物を栽培しています。下の画像は、福岡県の小川知事がいちごの「あまおう」のトップセールスを行っている写真です。////////... 続きを読む
 果樹  0  -

果実生産が儲かる?

1/22 気になった記事 日経新聞より・農地畜産業は、高齢化が進み、生産者がこれからも減少します。・和牛参入は大変ですが、果実は可能性があるかもしれません。 減反政策終了での空き農地や、全国の旧遊農地の活用で、地域に合った果実に参入の道がありそうです。果樹は出荷まで時間がかかりますが、野菜果実は初年度からの生産が可能です。 青果物の好調な輸出拡大が、国内市場での出回り不足という思わぬ事態を招いている。... 続きを読む
 果樹  0  -

月下美人とドラゴンF

LINEで、友人に月下美人の花が咲いた画像を送りました。すると、うちも咲いたよと返信追加でテキストが・・・・・・ちょっと違うだろ。これドラゴンフルーツの花同じサボテンの仲間で、月下美人と同じように夜にさくよ。月下美人も、別の株の花粉をつけたら、ドラゴンフルーツより小さいが、食べられる実がつくらしいよ。ちなみに、月下美人は花がおいしいと聞いていますが、どうやって食べるのでしょうか?我が家は、本日2号から4... 続きを読む
 果樹  0  -

月下美人1号

7/20 前日夜に今年最初の月下美人の花が咲きました。一鉢で、5つのつぼみをもち、そのうち1つが咲きました。月下美人の花はとても良い香りがして、いやされます。私は、野菜には興味ありますが、花にはあまり関心がなく、妻が25年大事に育てていましたが、22年間花がさきませんでした。月下美人は、月の明かりがいいと勘違いして、ずっと日陰におき、鉢も22年間そのまま、少しずつ大きくなっただけでした。3年前から、妻とバトン... 続きを読む
 果樹  0  -