FC2ブログ

椎茸中国産増加

8/2日本で開発した椎茸の種菌が、中国に無断流出している。[林野庁]私も椎茸を栽培していますが、中国産の菌床は国内さんの半額程度で安いので、1回使ったことがあります。栽培したら普通の椎茸が収穫できました。ただし、何本かに1本、変な害虫が混じっている菌床もあって、駆除が大変でした。依頼、中国産はまったく購入しておりません。国産椎茸であっても、菌床は中国産、栽培が日本国内という椎茸が増えています。国内流通... 続きを読む

キクラゲ菌床製造試験

7/19先週から、キクラゲの菌床製造をいくつか試験しています。キノコ菌床の木材チップは、薬剤かガズで殺菌する場合もあります。手間がかかりますが、高熱殺菌するところも多いです。これは、水素ガス、水素水での実験です。産業用の水素高排出機械で、長時間殺菌します。一部は、軽く高熱殺菌も併用しています。木材チップと栄養素+成長促進資材を投入 ミキシング機械で整形 → 無菌室で植菌一部の菌床は、短時間高熱釜で殺菌水... 続きを読む

干椎茸がビーガンに刺さる

11/8国産の干しシイタケ、欧米に浸透 ビーガンに刺さる 国産の干しシイタケを欧米に輸出する動きが増えている。大分の農業協同組合は欧州の小売店向けに販売を拡大。宮崎の卸会社はネット通販で米国輸出を伸ばしている。食の多様化や中国産の流通増が国内販売に響く一方で、ここ数年のビーガン(完全菜食主義者)の需要や最近の新型コロナウイルス禍に伴う健康志向が、海外からの引き合いにつながっている。 干しシイタケの生産... 続きを読む

キクラゲの菌床製造

3/31 春になり、キノコさいばいでは、これからキクラゲもラインナップに入ってきます。ということで、知り合いの菌床会社に、今年の仕込みの打ち合わせにいきました。ここは、日本で最初にキノコ菌床製造・栽培で、有機JASを取得した会社さんです。(1)チップを、撹拌機に投入し、栄養成分、補助成分を足し、撹拌します。(2)撹拌し、菌床自動形成機で、充填します。(3)奥の無菌室では、種を打ち込みます。(4)植菌して1... 続きを読む

椎茸原木栽培香茹

3/25 椎茸原木栽培創業120年の、老舗の原木栽培農家さんに訪問 藤川椎茸園さん福岡県添田町 英彦山のふもとです。(英彦山は羽黒,山熊野大峰山とともに日本三大修験山)4代目の社長さんです。大阪でサラリーマンをされ30過ぎに、父親が倒れ、後を継がれました。5Ha以上+広葉樹の山林管理+2階建ての乾燥大規模工場を持っておられます。販売は、ほとんど個人販売、一部道の駅とのことです。長い付き合いのファンが多く、宅配でも... 続きを読む

お種人参若葉

3/23 お種人参の生育の様子です。お種人参は、会津人参ともいい、もとは朝鮮人参です。昨年秋に植え込みした、1年根です。かわいい葉っぱが出かかっています。30本ほど会津から分けてもらい、いろいろな環境で栽培してきました。手間暇かけ、栽培したものは、すべて枯れてしまいました。●失敗例は、すべて室内での実験栽培です。戸外に植え込みしたものは、すべて生き残っています。失敗例①化学肥料を薄く時々与えた。上部が腐り... 続きを読む

会津人参の若葉

3/19 会津人参(=お種人参=朝鮮人参)の若葉が開きかけています。これは、徳川吉宗の時代から、お種人参として、会津若松地方で栽培されてきた種を分けてもらい、栽培試験をさせてもらっています。画像は、1年根です。秋から冬は葉を落とし越冬します。春に再び若葉を出します。栽培はとても難しく、完全有機肥料の培地をつくり、有機栽培で行います。昨秋種と1年根、2年根を分けてもらい、2/3を室内で試験栽培失敗①10株を温か... 続きを読む

お種人参栽培

11/16お種人参の栽培(朝鮮人参=会津人参)この種は、なかなか芽がでにくいのが特徴です。会津地方では、今の時期(秋植え)で、寒を与え芽出しをします。うまく秋に出なかったものは、春に出てきます。下の画像は1日水につけたお種人参。見にくいですが、下に沈んでいるものと、浮いているものがあります。沈んでいるものが、中身が詰まって良いものです。浮いているものも、高価な種なので、播種します。芽出しの歩留まりを上げ... 続きを読む

会津人参

10/1 会津人参の生産組合に訪問江戸時代、徳川吉宗が、対馬藩を通じ、手に入れた朝鮮人参の種を、全国で栽培奨励したものが、おたね人参です。現在は、会津若松、長野、島根でほそぼそ生産されています。戦後一時期は、生産と輸出が盛んでしたが、現在は衰退、生産農家がほとんどいなくなっているようです。5年根、6年根以上で、高級なおたね人参になりますが、土の栄養を吸い尽くすので、土地がだめになったり、栽培の失敗もあ... 続きを読む

天候と漢方薬の関係

9/10天候の変化により、漢方薬の販売があるらしいです。ロート製薬とウェザーニューズは気象データを基に消費者の購買行動を分析する実証実験を実施した。この度発表した中間報告によると、1キロメートルメッシュの気象データとロートの販売する製品の店舗ごとの出荷データとの間に相関関係が認められた。日焼け止めなど、気象と関連して売り上げが変動する製品は多い。両社はさらに詳細な実験を続け、ドラッグストアなどに向けた... 続きを読む

太陽光シェアリング木耳

8/12 数年前から、太陽光シェアリングで、木耳(キクラゲ)栽培を行うところが、ありますが、現状は成果が上がっていませんでした。本年4月に事業を開始した広島の会社は、56a(5.6反)とかなりの規模の栽培を行って言います。コロナ禍で、キノコ類の需要も多く、うまくいっておられるようです。ただし、許可申請では、太陽光を利用しない作物のみの事業の場合は、市町村および都道府県で許可が難しい場合があります。自治体ごと... 続きを読む

茶・薬用作物の支援拡充・農水省

7/27販売低迷が続くお茶栽培ですが、農水省が支援を拡充しています。私の知り合いも、お茶農家がおられ、利用できそうです。お茶の加工・新商品の開発、薬用作物とのブレンドなど、コンサル会社と提携することで、新たな需要を拡大する試みです。茶・薬用作物の支援拡充 商品開発に助成 農水省農水省は、茶や薬用作物の農家所得を増やすには茶葉や生薬原料としての販売だけでなく「付加価値の高い商品開発など、新たな販売手法を... 続きを読む

ナタマメ コンカナバニンA

3/10 英語ではジャックと豆の木のジャック・ビーン(jack bean)知人の友人がガンになり、漢方を勉強したようで、ナタマメとアカモクを調達してくれと連絡が・・・アカモクは海藻の一種で、メカブやモズクよりポリフェノールやフコイダン、フコキサンチンが多く含まれています。アカモクとナタマメの組み合わせが、がん抑制に効果があるのではとのことです。●コンカナバニンAコンカナバリンAは特定の糖に結合する性質を持つレクチ... 続きを読む

原木椎茸栽培120年の老舗

2/27 福岡県添田町に訪問椎茸栽培で、創業120年の事業者さんに訪問椎茸栽培で、日本一位は大分県、二位は宮崎県ですが、自然栽培から人の手を加えた栽培を早くから取り入れたところは、九州ではココ福岡県添田町・・・英彦山(ひこさん)の麓(ふもと)です。 英彦山・・・日本三大修験山の一つです。ここで林を利用した椎茸原木栽培を視察しました。[藤川農園]さん創業:明治44年従業員:ご家族3名+パートさん10名程度原木栽... 続きを読む

キクラゲ&苺ハウス

2/25 イチゴハウスを利用し、キクラゲ栽培を・・・北関東は、仕事で時々訪問しますが、ハウス施設では、空きが増えています。立派な施設も多いのですが、高齢化と担い手の不足が顕著です。特に親御さんが子供に農業を継がせたくないお考えが多く、若い方も東京での仕事を望んでいます。ここでは、農業で経営革新計画を承認されました。新たな展開が期待できます。本日の日経MJより引用 【宇都宮】不動産業のアル・ホーム(栃木県... 続きを読む

マッシュルーム

1/5マッシュルーム栽培は、キノコの中でも、難しいとされています。まず、馬堆肥が必要で、これを発酵させ培地にします。大きな堆肥舎が必要です。堆肥を切り返すのにショベルカーも必要です。栽培は、生育状態により温度を調整する必要があります。4つ程度の生育部屋が必要です。国内では、施設栽培と同じくオランダからの菌床と培地の輸入により、栽培が進み、現在は、国内で菌床から製造できるようになっています。国産のマッシ... 続きを読む

霊芝栽培

12/1 薬用キノコとして需要が多い霊芝・自然栽培では、春と秋の年2回栽培しますが、ここ数年は秋口の急激な気温の変化で、秋作は途中で成長が止まってしまいます。・きのこ類は、夜の地温が適温以下担った場合、成長を止め休眠に入ります。その後気温が上昇しても、同じです。春にはまた出てきますが。・霊芝を栽培して、気づいたことは、キノコも野菜も地温、根の部分が大事ということです。・イチゴやトマトなどでは、根が適温... 続きを読む

薬草栽培国産増加

10/13薬用植物栽培広がる 輸入品高騰 国産に注目 5年で2割増トウキやカンゾウ、ヨロイグサなど、漢方薬に使われる薬用植物の栽培が広がっている。2017年の栽培面積は488ヘクタールで、5年前に比べて19%の増えた。漢方薬の需要拡大に加え、輸入品の価格上昇で、国内産に注目が集まっていることが背景にある。国内の漢方薬市場は右肩上がりで推移している。厚生労働省によると18年の漢方薬の生産額は1927億円... 続きを読む

キヌガサダケ

9/19株式会社ハルカインターナショナルと、循環型農林業プランナーの合同会社清流日本は、キノコの希少種キヌガサタケを、整備した竹林で栽培する社会問題解決型ビジネスの提案を開始した。ハルカさんは、キノコの菌床会社です。具体的には竹林や里山保全の活動団体、協賛企業、自治体がともに、放置竹林の整備を行い、そこにキヌガサタケ栽培のための培地を投入し、関係団体・企業が栽培管理を行います。 キヌガサタケは、キノコ... 続きを読む

白の木耳栽培

9/169月はじめに、届いた白の木耳(きくらげ)の菌床を栽培しています。1週間して、発生し成長してきました。最初はこんな感じです。白の木耳は、アラゲキクラゲのアルビノをかけ合わせたものです。なるだけ日光を当てずに栽培します。日光があたると色が茶色に滲んでくる場合があります。ここまでくると今週末から収穫ができそうです。木耳は、温度、湿度、CO2管理が必要です。施設栽培では、CO2管理、酸素が薄くなったら換気を... 続きを読む

舞茸生産

9/4舞茸は、椎茸、えのきより高値です。菌床栽培と原木栽培があります。2019/09/04  日本経済新聞 地方経済面 長野  3ページエノキ生産大手のケーアイ・オギワラ(長野県中野市)など中野市のキノコ生産の4社はマイタケ生産の新会社を立ち上げた。市内に工場を設け、10月をメドに出荷を始める。同市はエノキの生産量が全国1位だが、これまでマイタケの生産はなかった。エノキなどに比べて単価が高いマイタケ生産に... 続きを読む

廃菌床とクワガタ

8/5椎茸やキクラゲの廃菌床は、クワガタなどの寝床に最適です。クワガタや、カブトムシ、セミなどの幼虫は、体内に菌類などの微生物を宿し、少ない栄養を菌類に発酵・合成してもらい、育ちます。きのこの菌糸体などは大好物です。菌糸体とは、キノコの根っこの部分です。私達が食べている部分は子実体です。菌糸体は、木材の内側・外側に根を張る用にはびこり、木材の栄養を取ります。充分に回ると、いろいろな刺激で、菌糸体がで... 続きを読む

マカ健康食品

7/20マカは、アブラナ科の植物 ペルーで栽培されている薬草です。マカは、土中の養分をまんべんなく吸収します。このため、栽培した後の土壌はしばらく使えなくなるといわれています。これと似ているのが、土植え霊芝栽培、こちらもホダ木と土中の栄養素を吸い上げるため、2年ほどで土中の栄養がなくなってしまいます。これらの作物は、薬効成分が豊富です  マカ 霊芝土耕栽培発表日:2019年7月19日「グラン マカ」リニューア... 続きを読む

漢方東洋医学研究進む

7/11 漢方東洋医学研究進む7/10日経新聞よりタイで2月、医療用大麻が合法化された。世界を見渡せば米国やカナダなど西洋諸国を中心に解禁の流れが広がるが、従来厳しい姿勢をとってきた国の多いアジアでは先頭集団のひとつとなる。アジアではもともと伝統薬として大麻が用いられてきた。国際的に東洋の伝統医学を見直す機運は高まっており、2024年にタイの大麻産業が700億円市場になるとの試算もある。動き出したタイの大... 続きを読む

健康食品用農産物は

6/8 どの野菜を作れば、儲かるかは農業者がいつも考えるテーマです。令和元年は、トマトやビーマンなど、施設栽培ものは安値になっています。一方露地ものは、やや安定冬春温かいと、施設物は安くなります。また、トマトなど栽培者が増加し供給増も要因です。今、需要が増えているのは、健康食費向けの農産物です。「青汁」ケール、明日葉、大麦若葉「オイル」オリーブオイル、エゴマオイル「キノコ」椎茸、霊芝、冬虫夏草、舞茸... 続きを読む

アスカグリーンファーム

7/67/5に奈良県五條市のアスカグリーンファームさんに訪問しました。TVでもよく紹介されている会社さんです。日本一の木耳(きくらげ)生産会社と、自負されておられます。自分の知り合いの会社さんつながりで、視察にいきました。農園経営で15年、野菜と木耳を生産されています。農園では、長年赤字でしたが、木耳事業を開始して、すぐに黒字転換緻密なデータを集積して、改善を繰り返しています。白きくらげで、有名な会社さんで... 続きを読む

都市型農業で原木椎茸

6/24神奈川県川崎市で、32歳の方が原木シイタケ栽培菌床栽培のきのこが多くなってきていますが、生産が増える分、原木栽培の価値も上がりそうです。菌床椎茸と菌床椎茸の栽培比較大量生産で、画一的なものがでてくると、少し価値の違うものも、欲しがる消費行動もでてきます。このあたり、うまく棲み分け、農業経営する方法もあります。今回は都市型農業[項目]        菌床椎茸         原木椎茸培地     ... 続きを読む

舞茸、キノコ好調

5/12ホクトさんの決算から・・・海外キノコ事業が好調です。米国・台湾が活発なようです。国内向けは、舞茸が好調とのことこれ(下図1)は、霊芝のホダ木ですが、霊芝と舞茸は、近い種類です。[霊芝]           [舞茸]界 :菌界            〃門 :担子菌門          〃 綱 :真正担子菌綱        〃目 :タマチョレイタケ目     〃科 :マンネンタケ科       トンビマイタケ科属... 続きを読む

霊芝

4/26北海道の霊芝知り合いの北海道の霊芝栽培会社に訪問建設業の技術を駆使して 菌床から製品までを一貫生産しています昨日は菌床の植え込み時期で、作業を見学10名ほどの皆さんが植え込み作業下図の切り株はホダ木菌床 これを滅菌し 種菌を植え付けします4カ月ほどで熟成し 植え込みます菌床棚栽培もできます自然栽培では春と秋の2回栽培できますここはほとんど海外に輸出しています ... 続きを読む

コーヒーかすでキノコ栽培

4/10 フランスフランスでは、飲食店1店舗で1日に30Kg程度の使用済みのコーヒーかすが発生しています。パリでは、1日で1600トン以上、年間で60万トン程度のコーヒーかすが出るそうです。このコーヒーカスで、キノコを栽培するリサイクルの動きが出ています。コーヒーカスは、キノコの栄養である窒素成分が残っています。菌床キノコの主な栄養分は、小麦麩(ふすま)や米ぬかを配合していますが、コーヒーかすも同様な成分がありま... 続きを読む